タロットで同じカードが何度も出る時、似ているカードの若干のニュアンスの違い

タロット占いをしていると、同じ人に同じカードが何回も出たりします。

 

そういったカードに私は注目しています。

 

タロットは本当に不思議なもので、ネット鑑定をしていると、プライバシーは必要ないので、カードに質問する際の呼称だけ教えてくださいと言うのですが

 

その呼称だけでホロスコープや手相と同じ結果が出たり、リピーターさんを占うと似たような場所に同じカードが出たりします。

 

タロットんび至っては完全にその時の運みたいな感じでこちらもコントロール出来ないし、その都度占うので、なぜ同じ人に同じカードが出るのかは謎です。

 

本当に不思議です。

 

審判、運命の輪とかよりも大アルカナの人物カード方が出やすいかなとも思います。

 

社内の人間関係で、占う時に、何度占っても会社の上司が皇帝で、部下であるその方がペイジだったりとか、失礼ながら納得・・・と思います。

 

 

占いで皇帝のカードというのは結構頻繁に出たりしますが、私が占う人は自分に自信を持っていたり、今の生活に不満はないけど更に発展したい、という方が多いような気もします。ワンドの3もよく出るのでs。

 

こういった方は戦略的に占いを利用している人ですね。

 

占いの結果を見て、どう対策するかと言う風に考えられる人が多いような気がします。

 

 

小アルカナでソードの3がよく出る時期は心配事が多いようですし、それに付随して塔のカードもよく出ます。

 

月なら心配事が明るみになるので後は真実を受け止める心構えを、という感じですが、塔だと衝撃を伴うかもしれないけど、先延ばし出来ない強制的なステップアップと捉えると良いかと思います。

 

 

また、その時の心境もタイムリーにバッチリ出るときがあります。

 

小アルカナの6のカードにしても

 

恋人と別れたい時はソードの6,

 

仕事を辞めたい時はカップの6など、

 

同じような意味合いのカードでも少しニュアンスが違うんですね。

 

ソードの6の時は、心中穏やかではない、純粋に距離を置きたい、または逃げたいという、衝動的なような、まだ完全には決意していないけどというニュアンスですが

 

カップの6は、それなりの地位もあるのに、もうそれを捨ててでもいいから!みたいな、時間と労力をかけて積み上げてきたものはあるけど、それでもみたいな意思の強さを感じます。

 

恋愛問題で別れだいと思っている人で原因の場所にカップの6だとそろそろ潮時みたいな、比較的穏やかというか若干諦め入った心境かなと思いますけど

 

ソードの6だともうウンザリ!早くこの場から去りたい!くらいの心境なのかなと。

 

 

その時自分の心境がわかると、自分では認めたくないけど今自分はこんな心境なんだな~と再確認できるので、自分を第三者の視点で見れたり、いったん冷静になれると言う時にタロットはすごく便利なツールだと思います。(展開するだけなら5分もかかりませんしね。)

 

それでは、良い占いライフを!

 

 

俗に言う【普通じゃない。変わってるよね。】な私のアスペクトは冥王星×6天体(うち太陽&ドラゴンヘッド(テイル)が冥王星とスクエア)

【世間の価値観に合わない】

 

と言うことを気にしすぎると

 

自分は日本社会不適合なんじゃないか・・・?と人生が苦痛になることもあります。

 

ですが、ホロスコープを観ていると、

 

一個人として、一人の人間としてという部分では、

 

 

【世間の価値観より、自分の価値観の方が先に作られている】

 

 

と言うことがわかります。

 

 

ということで、

 

世間の価値観というのは社会が作った後付けのようなものなので、生まれながらにして持っている自分自身の価値観と相違があってもなんらおかしくないのではないか。

 

 

※だからといって個性を主張しすぎて世間に反しすぎるのも問題です。世間の範囲で、出来るだけ自分で自分の個性を活かしたり、認めたりいたわってあげる程度が一番バランスが良いと思います。)

 

 

実際、私がそうでした。

 

・団体行動より個人行動

・みんな同じという事の良さがわからない

・長いものに巻かれたくない

・人と同じという事に魅力を感じない

週休2日、8時5時の仕事に向いてない

・毎日同じ事の繰り返しが苦痛

 

 

というので、人といるより一匹狼の方が好きなのですが、学生時代はそうも行かず。

 

友達は多ければ多いほど良いみたいな風習だったので(時代が時代なのかも)

 

一人でいるとぼっち認定されてしまい、痛い目で見られたりするのがすごく苦痛でした。

 

本当は自由に動きたいし、自分のペースで行動したいのに、その自由すらないような。

 

団体行動が好きな人、苦痛でない人は多いと思いますが、中にはそういうのが苦手だという人も一定数はいると思いますし、悪いことではないとも思うのです。

 

私が学生だった時代では「個性」というものは認められず、少しでも周りと違う事をしようもんなら異端児のような扱いでした。

 

ということで【団体行動しないとダメ!周りと足並み揃えなきゃダメ!みんなと同じじゃないとダメ!】という学生時代はあまり自由にのびのび出来ないどころか、息苦しくてかなり苦痛でした。

 

新しい風習も入ってこないような田舎なのでなおさら、みんな同じ、没個性を疑問に思うような人も少なかったんじゃないかと。

 

むしろ、「みんなと同じだと安心」という方が多かったんじゃないかなと思います。

 

(まあ、【みんな同じ】を教育する事が日本社会だというなら、そのような教育を受けるのも辻褄が合いますけどね)

 

と言うことで、家族や友人は安心、安定、安全、それ+女らしい仕事といったものを求めていましたが、私はそれらが不自由、束縛としか思えず、月給制のサラリーマンより、青天井な歩合制の仕事の方が性格的には合っていたのだと思いますし、女性より一匹狼な男性の比率の方が高いような技術職の方が合っていましたし、周囲と協力して仕事をするより、一人で黙々と自分のペースでという仕事の方が合っていました。

 

残念なことに、当時は「そういう生き方でもいいんじゃない」と言ってくれる人はその時勤めていた会社の上司ただ一人だけでした。

 

何が言いたいのかと言うと、何人もの人と関わっていても、個性を認めてくれたのはたった一人という割合なのです。

 

「女より男に生まれた方が良かったんじゃないか?」というのは散々言われましたが、女だから何、男だから何、みたいなのは昔から苦手でした。

 

コミュニケーションで団結の女社会より、寡黙で職人気質な男社会の方が合っていたんですね。

 

 

私は冥王星×ドラゴンヘッドのスクエア(90度)、この組み合わせは

 

【人間関係に悩みやすい。他人に強制されたり、影響されるのを嫌う】  

 

とのことで、ああ~と思いましたし、こういう形で知ることによって救われました。

 

 

冥王星が絡むと取り扱いが難しいですね。

 

冥王星×月のハードアスペクトもなかなか深いものがあると思います。

 

こちらは強そうに見えて人一倍繊細な人に多くみられるかなと。

 

 

冥王星×太陽も結構ハードですけどね。こちらはタフな人が多いですけど、その分色んなところから結構な負荷を背負わされている印象です。長男長女的な人に多いです。

 

 

(反対に順風満帆そうな人は太陽×木星の合(0度)が多い印象)

 

 

 

ホロスコープは頑として   

 

【自分でもうすうす気づいてはいるけど、認めたくない自分の特性】

 

 

を目の前にガンと突きつけてくるので結構心苦しいですけど、でもそれを受け止めて自分の養分とするなら、一皮剥けるみたいな感じで心がたくましくなるんじゃないかと思います。

 

 

ホロスコープ鑑定の機会があれば一度試してみられれば良いと思います。

 

 

やはり自分のホロスコープを知るのと知らないのでは知った方が人生が有利に運びやすくなると思いますし

 

何よりこんなに神秘的でおもしろい図がこの世にあったのかと、感動します。

 

 

こちらは、まさに人類の英知ですね。

 

現代ではインターネットが発達しているのでいつでも、誰でも、どこでも自分のホロスコープが知れるのでとても良い時代だと思います。(正確な鑑定結果を出すためには出生時刻も必須です。家族に聞くか、母子手帳を参考にしてください)

 

 

 

それでは、よい占いライフを!

ホロスコープ(西洋占星術)とタロット

私はタロット以外にホロスコープ(西洋占星術)もしていますが、こちらはかなり精密に鑑定できるという利点があります。(無料のツールでもそこそこなら見れますしね)

 

 

それこそ、感覚的には占いと言うよりデータ分析です。

 

 

西洋占星術の参考書は「辞典か!?」と思うほど分厚いですし、天体、星座、角度、などなどそれら組み合わせは膨大です。

 

すべてを把握するのは人間の脳じでは容量不足。。。

 

すでに明確なデータがあるので無限ではないとは思うのですが、組み合わせが膨大過ぎて無限と思ってしまうほど。

 

ホロスコープは過去、現在、未来の星の動きでズバッと結果が見れます。

 

こちらは【当たる、当たらない】というより【すでに答えは決まっている】ということですので、当たるも八卦当たらぬも八卦な占いというより、ホロスコープ図の解読というとーーーっても地道な作業になります。

 

よくホロスコープ

 

【生まれる前に決めてきた人生の地図】

 

とも揶揄されますが、その表現がしっくりきます。

 

生まれる日時は自分で選べないし、生まれた日時は自分で変えられない。

 

と言うことで、一人一回しかネイタルチャートが観れないので観る側もかなりのプレッシャーを感じます。

 

【変えられない】という圧力は結構なものです。

 

私は冥王星(再生と破壊を意味する)とのアスペクトがとても多く、その数は6つです。(趣味を表す5ハウスに半数以上の天体が集中)

 

 

しかもそのうちの二つが太陽とドラゴンヘッドが合(0度)×冥王星のスクエアです。

 

太陽×冥王星のスクエア、ドラゴンヘッド×冥王星のスクエア(テイルともスクエア)。

 

自分でも思いますが普通の家の生まれの割に人生ハードです。(海外で住んだり)

 

妨害という名の強制的な軌道修正がすごく多いです。

 

おもしろいことに、何かを始めようかなと思っている時にタロットで自身を占った時にも、一番最初の場所である「原因」にも、死神のカードがよく出ます。(実に頻繁に、です。)

 

冥王星の破壊と再生」

 

「死神の強制終了、生まれ変わる(新しいスタート)」です。

 

複数の占いでも、ある程度似通った部分はあると思います。

 

私は転職回数も少なくはないですが、同じ職種で会社が変わるのでなく、まったく未知の職種に転職することも多いです。そしてそのほとんどが趣味の延長です。

 

それが出生図(ネイタルチャート)の冥王星と原因の場所にある死神として現れているのではないかと思います。。

 

そう考えたら、ホロスコープは個人の出生データを入力して占う事務的な占いですが、その時その時で結果変わるタロットは不思議ですね。

 

タロットはカードに質問する際の呼称が必要ですが、生年月日などの情報は必要としません)

 

複数の占いを組み合わせて鑑定するのとおもしろいと思いますし、新しい発見があると思います。

 

 

それでは、良い占いライフを!

自分でタロット占いしてみて気づいたこと

自分でタロット占いをして初めて気づいたことです。

 

最初、タロット占いに関して 「当たるか、当たらないか」 だと思っていました。

 

そこで、知人、お客さんを占う際も当てなければ・・・!というプレッシャーというか義務感みたいなものを感じていましたが(それでも、ちゃんと当たるんですけど)

 

実際は当たるか当たらないかと言うより、【鑑定結果を見て自分はどう思うか?】という、カウンセリングの方がメインなのだと思うようになりました。

 

「占い」はきっかけ、悩み相談の入り口で実際は、占いというものを通して悩み解決したいといものでした。

 

タロット占いは「当たるか当たらないか」というより、

 

「こういう結果が出ましたが、それを見てどうですか?」

 

という自分の本心を再確認するためのものだと思いました。

 

自分の本心を再確認することが出来るので、依頼者野方からは「すっきりした」との声が多いです。

 

当てて欲しい=自分でも知らない事を知ってすっきりしたい

 

という心理が隠されているようです。

 

 

また、1年間の運勢を占えるホロスコープ法はやはり人気です。

 

この1年間、何に対してきをつければいいかが意識出来るので、たとえあまり良くないカードが出ても事前に知ることで回避出来るという認識になるからです。

 

なので、占いで悪い結果が出ても、それは

 

【何も対策しない場合、そうなりやすい。なので、事前に対策しておきましょう】

 

と言う事なので、何も悪いことではありません。

 

なので、占いの神髄は、当たる当たらないといより

 

【自己分析】 にあると思います。

 

 

それでは良い占いライフを!!!!

 

占いが当たるか、当たらないか

こんにちは。

 

実際に自分がタロット占いをする側になって分かったのですが、

 

最初は占いが当たる、 当たらないにこだわっていました。

 

しかし、占う人が増え、占う回数を重ねるたびに

 

①なぜか知らないけどちゃんと手順通りにすれば当たる事が多い

 

②占いは的中率ももちろんだけど、カウンセリングにもある

 

ということに気づきました。

 

まず①なぜか知らないけどちゃんと手順通りにすれば当たる について

 

タロットはなぜか、初心者でも当たります。

 

的中率100%とはいかないまでも、結構当たります。

 

例えば、知人の娘さん(私は会ったことがない、名前しか聞いていない)なんですけど、大アルカナ3枚で過去、現在、未来を占ってみましたが、

 

過去に悪魔 正位置

 

現在に女教皇 逆位置

 

未来に運命の輪 正位置

 

が出ました。

 

そこで結果を箇条書きにして送ったところ、、、

 

娘さんは過去10代の時にひきこもりだった事が判明。

 

外の世界に恐怖を感じるというより、娘さんは外にも出ようと思えば出れるし、社会活動も可能。

 

だけど、

 

”自分の居心地の良い場所に居続ける”

 

”自分だけの世界から抜け出せない”という感覚です。

 

あらがえない いりびたる というのは悪魔の正位置の象徴です。

 

というふうに、なぜか当たります。

 

 

私が以前働いていた会社を退職して新しい仕事を始めようとした際、フォーチュンオラクルで占った展開図の1枚目である”原因”に 死神の正位置 が何回も何回も出てきましたし、

 

 

仕事で部下をたくさん持っているけど、なかなか育成が上手くいかないと言っている人で、”現在”に女教皇の逆位置が何度も出ていて

 

カウンセリングをすれば仕事が出来ない人を見下したり、些細なことでイラッとしてしまう とのことでした。

(それから数ヶ月後、この人は、”結果”にワンドのキング 正位置が多く出るようになりました。)

 

またホロスコープ法で1年の仕事運を占うと、たまにソードの6正位置が出るんですけど、これが出た月は退職者が出やすいかなと思います。

 

また、仕事で発注をしている人の1年のどこかにソード6逆位置が出たらメーカーが欠品してて仕入れが出来ない、なんてのもあります。

 

またボーナス月にはペンタクル10の正位置が出るなど、これは、そのままやん!と思います。

 

同じ人を何回もリピートで占って同じカードが頻出すると何か本質的なものが垣間見えたようでおもしろいですね。

 

社会的地位は高いけど、内心かなりナイーブ、繊細な人は塔、愚者、ソード7がよく出ていました。

 

というように、手順さえ守れば初心者でも当たるタロットの小話でした。

 

 

 

それでは、良い占いライフを!

 

 

 

 

占いは本当にインチキなのか!?

言葉通り【物は使いよう】です。

 

 

【占い】というだけで嫌悪感を抱いたり、怪しいと嫌煙したり、占い師は詐欺師だと言う方も世の中には一定数いますが・・・・・。

 

多くの場合、占いそのものでなく、他の部分、やり取りに問題があるのではないかなと思います。

 

よくあるのが、

 

バーナム効果で誰にでも当てはまることを言っているだけだから、それは当たるに決まっている。それで当たったと言うのはンチキ」 

 

というので後述としてバーナム効果について説明、という光景をよく見ますが、個人的な意見ですが、

 

 

まず自分が実際に自分で勉強して占う側になって分かった事その①

 

 ”当てるだけが占いではない”

 

 

誰にも当てはまるということは、心理学やメンタルを学んだ人なら「ああ~」ってなると思いますけど

 

人間の思考の流れ、真相心理なんて結構似たようなもので、おおまかですがタイプ別に区分けもできます。

 

例えば自己問診式のエニアグラムで9タイプ。ト術のタロットなら22タイプ。

 

【そのタイプ+カウンセリングで見る特徴や個性=その人】

 

みたいなニュアンスなので、なんならその人の個性の方がプラスアルファの部分みたいなところもあります。

 

バーナム効果な部分はまあざっくり言えば”人類共通”みたいなもんですね。

 

メインはカウンセリングから割り出す事なので、共通部分がすべてではありません。

 

 

なんなら、人間の心理は大昔から現代までそう変わらない部分もあるのでは。

 

自己問診式のエニアグラムの元は紀元前エジプト、紀元前ギリシャとも言われているので、その1万年も前のものが現代でも使われているのかと思うと、昔の人も今の人も変わらんやないか。と思ってしまいます。

 

 

 

冒頭でも言いましたが、どこまで行っても物は使いようなので自分が占いを上手く使えば良いだけのことなのです。

 

ということで、きちんと占えて、初心者でもプラスαとして占いを日常生活にスムーズに取り入れるよう上手くサポートしてくれる占い師を見つけるのか1番相乗効果があると思います。

 

占いと言っても、統計学の一部なので、れっきとした学問です。

 

特に命術の西洋占星術ホロスコープ)、相術の手相なんかはあらかじめ答えが用意されているので、それに個々のデータを当てはめていくだけなので誰が占ってもテンプレのような答えは見つかるのです。

 

その伝え方の技術プラスαその占い師の感性や経験で差がつくようなものなのだと思います。

 

誰にでも当てはまるような内容ももちろんあります。分類はある程度までにしなければいつまで経っても統計は取れません。

 

人の数だけ結果があるのは、やはりト術かなと思います。

 

タロットでも、全78枚のうち同じカードが4回出るとその確率は天文学的数字になりますので、14枚使うスプレッド(並べる型)なら、何回占ってもまず全て同じカードが同じ場所に出ることは(確率なので0とは言えませんが)まずありえません。

 

一部のカードが同じ場所に再度出たりしますが、それだけでももうかなりの確率でとなります。

 

それだけタロットというのはまずスプレッドによっては結果が人かぶらない、現実の統計を超えた占いなのかなとも思いますし

 

その確率がすでにとんでもない数字になるので、人智を超えた"占い"、"神託"というのはそういう頭で計算できない謎、理解できない謎、というミステリー感の延長にあるのだと思います。

 

そんな天文学的数字が絡んでくる無限の組み合わせを覚えるのは不可能なので、そこがタロット占い師の腕の見せ所となるわけです。

 

現代ではそういった人智を超えたものを日常に誰もが利用できるので。。。

 

個人的には、占いを頭ごなしに毛嫌いして使わないのは損だなと思います。

 

安ければ数千円なので、大金というわけでもないですしね。

 

誰もが利用出来るし、ただ結果を聞くだけなら何の副作用もリスクもデメリットもありません。

 

自分が占った結果を上手く利用するか、利用しないか、相違はこの2点だけです。

 

占いの結果をうまく自分に取り入れられると、やはりラッキーが増えます。

 

三者が加わる事で、自分でも思いつかなかった事を教えてもらえるので、今までより視野が広がるからです。

 

視野が広がるにつれて、今まで気づかなかったことに気付けるようになり→ラッキーにも気がつくという流れです。

 

 

副作用もリスクもデメリットもないなら、上手く使えばそれだけで誰でも得ができるのが占いです。

 

占いがないと何も決めれないなら、

 

 

今自分は自信をなくしている状態なんだなー

 

 

と認識できますし

 

 

良くないことを言われて不安だ

 

 

と思うよりも、そうならないように事前回避出来るように気をつけよう、事が起こる前に知れてよかった

 

 

 

という認識をすれば起こり得るであろう良くない事を防げるので結果ラッキーになるわけです。

 

 

不幸じゃなければラッキーだというくらいの認識でokです。

 

 

何でも、物は使いよう、考えようです。

 

 

なんでも、自分にとってプラスになるように持っていけば良いのです。

 

 

それでは、よい占いライフを!

タロット占いを実際の仕事に活かす

以前ウィルスプレッドという(ケルト十字から派生したみたいな展開)方法で仕事の行方を占いました。

 

今回は副業に力を入れているサラリーマンの方です。

 

 

この方を本業の方の仕事について占うと、結構な頻度で

 

教皇 逆位置

 

ワンド5 正位置たまに逆位置

 

ソード6 正位置

 

カップの6

 

が出現するのです。笑

 

 

ああ、、、、、、(察し

 

 

ちなみに私は勤めていた会社を退職してから次の仕事を占うとまず原因のところに死に神の正位置(これは何回も連続)もしくはワンドの9、現在のところにワンドかペンタクルのペイジ、未来の結果にソードのクイーン、オラクルにカップのキングが結構な頻度で出現してましたw

 

その仕事には何の未練もないし、終わって必然というくらいでしたwww(”合わない”のなら死神より世界の逆位置が出たりします)

 

 

 

 

では、話をそのサラリーマンの方に戻しますが、、、

 

 

この方の未来の結果にワンドのペイジ(正位置)が頻発し出したんです。

 

で、ペイジは少年のようなの若い男性を表すコートカード(人物カード)なので

 

 

(今回占った方は管理職、気質的に兄貴分、リーダータイプの方なので、この方を表すカードがペイジとは考えにくい。実際の最終結果にはワンドかペンタクルのキングがよく出ます)

 

仕事関係で誰か少年のような男性が良い情報をくれたり、キーパーソンになるかもしれませんよ

 

とお伝えしました。

 

 

それからしばらく経ってから、実際に年下の20代前半、見た目の若い男性から良い情報をもらい、それをヒントに副業で行動したら自身の抱えている問題を解決でき、更にこれから進むべき道が見えたそうです。

 

本業じゃなくて副業でというのがいかにもペイジらしいw(カップ、ソードの6が示すように本業から心が離れている状態でもある)

 

誰かがくれた情報を自分に取り入れる事でその後がだいぶ変わったりするのは実際にあることです。

 

タロット占いでコートカード(人物カード)がよく出る場合、それが誰なのか気づくのは後からなんですが、事前にそのカードに該当する人に注目してみるのもよいかもしれませんね。

 

コートカードは自分を表している時と、他人を表わしている時がありますので、出た場所によって判断します。

 

また、男性、女性の区別はなく、これも占う方の人間関係で判断します。

 

 

ワンドなら情熱、カップなら感情、ソードなら信念、ペンタクルなら富(ペイジなら副業とかおこづかいみたいな少額)、

 

 

・ペイジ・・・少年(少女)っぽい人

ペイジは正位置なら良い情報を持ってきてくれるメッセンジャーの象徴とも言われます。まだまだ未熟ではあるものの、好奇心が旺盛です。

 

 

・ナイト・・・若い男性(若い女性) 

カップのナイトはイケメンを表すらしいw

実際に行動にうつしたりなど、意欲的に活動。

 

 

・クイーン・・・主に既婚の40代~女性(男性)(ソードは未亡人との説あり)

どのスート(性質)にも共通するのは、落ち着いた女性像ということ。

 

 

・キング・・・主に既婚の40代~男性(女性)。

どのスートにも共通するのは、熟練者であり、精神的にも余裕があるのどっしり構えている人物像。

 

 

 

ざっくりでしたが、コートカード、スートにも注目してみると興味深い発見があるかもしれません。

 

 

それでは、良い占いライフを!