~数千円の占いが→数十万円の節約につながるかもしれないお話~

タロットでは【ホロスコープ法】というスプレッド(カードの並び)で1年の運勢が見れます。

 

鑑定した方のある月に !家のお金が大きく動くかも。出費に注意! と出ていました。

 

そのことを伝えると、、、、、、

 

・ちょうどその月に新車(600~700万)を買おうと思っていた。

 

・新車なのでオプションもつけてお金を存分にかけるつもりだった

 

 

元々そんなに車に興味のない方だったので、なぜあまり興味のない車に大金をつぎ込もうとしているのだろうか?

 

 

少し引っかかったので深くカウンセリングしてみました。

 

 

すると、、、、、、、

 

 

・日々ストレスが貯まっているので、たまにはお金を使って発散したいという衝動があった

 

・大金のつぎ込み先が新車というのが一番使いやすかった

 

 

などなど、、、タロットを通して

 

この方の ”ストレス” と ”散財願望” の関係が明らかになりました。

 

ストレスの発散方法として、今回は”散財”を選んだわけですね。

 

この散財願望、第三者から見れば違和感を感じやすいのですごくわかりやすいんですが、本人はそれに気づかない事が多いです。

 

または、気づいていても ”日々のモチベーションを上げるため” と無理矢理正当な理由に変換しやすい。

 

 

本当は、その車が欲しかったのではなく、車というものを利用して散財したかったというのが隠された本当の願望ということが判明しました。

 

 

自分にとって効果の高いストレス発散方法が散財と気づけただけでも進歩ですし、

 

 

→じゃあ過度な散財を防ぐためには?→ストレスを溜めない

 

 

ストレスが溜まるから発散したくなるなら、じゃあ、そこは「節約しましょう」ではなく、根本的解決として「ストレスを溜めないための対策をしましょう」ということです。

 

 

ということで

 

 

そのタロット占いで出た散財注意な月まで後数ヶ月あるので、なるべくストレスを溜めない生活を心がけ、その月にまた改めてその新車にどれだけお金をかけたいかを改めて考えてみるのも良いですし、

 

どうしてもストレス関係なしに、本当にいいオプションだから当初の予定通り大金をつぎ込んでもいいいうのであれば全然大金をつぎ込んでもかまわないとも思うのです。

 

ただお金をかければ良いというのでなく、納得したお金の使い方ができるかどうか?が大事です。

 

 

 

タロットは、その行いが良いのか、悪いのかというより

 

 

こういう結果がでましたけど、本当のところはどうなんですか?

 

 

という感じで

 

自分の考えを再確認するためのツール、新たに自問自答するのためのツールというのが一番しっくりきます。

 

余談ですが、知り合いから紹介してもらったボディメイクに10何万つぎ込むところを未然に防止して、自転車に乗る頻度を増やすという代案を自ら考え出したそうです。

 

これもタロットの!散財注意!が頭の中に入っていたからみたいなんですね。

 

ということで

 

 

結果として

 

最初にタロット占いにかけた数千円が→数十万の出費を抑えたと言うケースでした。

 

 

たかがカード一枚、されどカード一枚。

 

 

その一枚の影響力の強さを思い知ったこの頃です。

 

 

占いでは、自身の今の金銭感覚を知る事もできるのです。

 

 

時間がない、自分でタロット占いが出来ない、自分では自信がないという方は信頼のおける占い師に占ってもらうのも一つの手だと思います。

 

最近はネットの普及のおかげで誰でも、気軽に占いが出来るようになりました。

 

自分一人で迷っていて答えが出ない方、どのカウンセリングを受けてもモヤモヤがなくならない方、占いは一問一答みたいにビシッッッッ!!!!!!と答えを出してくれるので、すっきりしやすいのも特徴です。

 

こんなにすっきり出来るなら、悩んでいる時間がもったいなかった~!!と後から思うこともしばしば。

 

 

それでは、良い占いライフを!

 

占いをする、しない

私は自分でも占いをしていますが、日常生活に占いを取り入れるのは良いことが多いなと思います。

 

まず、朝起きたらカードを1枚引いてその日1日を過ごすためのアドバイスをもらったり。

 

そのアドバイスのおかげで普段なら見過ごしてしまう事にも注目するようになるので、取り逃しをすることも減ります。

 

色んなものに意識を向け続けるのは大変ですが、その分いろんな分チャンスに気づいたり、カンも良くなったりして最終的にラッキーが増えます。(というより、目の前にあるラッキーに気づきやすくなります。)

 

カードがすべて正しい!!すべてカードの言うとおりにすれば良い!というより、カードの内容を気にとめておいたらOK~という気持ちで毎日占っています。

 

個人的には占いをするのとしないのでは、占いをした方がお得かと思います。

 

長い目で見れば、事前に色んな情報を知っているのと知らないのでは、予後が変わる可能性すらあるからです☆

 

すべては自分次第ということで自分がより良い決断をするため、タロットは可能性、選択肢を授けてくれるお助けアイテムのようなものなのです。

 

私はまず自分のために独学で占いをし始めましたが、かなり苦労しました。

 

1日7,8時間は勉強していたんじゃないか?というくらい。

 

占いを勉強するのは、本当に地道で、骨の折れる作業だなと。。。

 

まずは大アルカナというメッセージ性の強いカード22枚を使って1枚(今日のアドバイス/yes,no)→2枚(現在と未来)→3枚(過去と現在と未来)と増やして6枚のヘキサグラム、10枚のケルト十字へ増やしていきました。

 

今は78枚フル活用しています。

 

一気に78枚も覚えるのは大変なので、タロットに慣れるまでは大アルカナ22枚を使って自分で占ってみるのも良いと思いますし、もちろん最初から占い師に依頼するのも良いと思います。

 

独学で勉強するにはかなりの時間、労力を使いますから、どうしても【今すぐ】が出来ないので、時間がかかってしまいます。

 

日常でなく、ここぞ!!!!という時はいっそのこと他の人の力をお借りして信頼の出来る占い師に占ってもらう方が良いのかもしれませんね☆

 

それでは良い占いライフを!

タロット占いとは?

こんにちは。

 

プロフィールにも書きましたが、占いを日常生活に取り入れてから、ラッキー!運が良いい!と思う事が増えました。


私はタロットをメインでしているのですが、自身の体感としては不思議と初心者でも

 

 

割と当たってしまう

 

 

んです。

 

 

なぜかというと、手順さえ守ればちゃんとカードが当ててくれるからなんですね。

 

 

カードの解釈についてはそれなりの学術的な知識がないと読めませんが。

 

これについては科学的根拠こそないものの、今の時代は占いは遊びの娯楽の一種のような扱いですが、古の時代ではト術(出た結果を人間が解読する)の結果が国を揺るがすような事態に結びついたりしてますものね。

 

それだけ人と占いの歴史は深くて長いですし、

 

時には人類の英知を超えた”神託”にすがりたいと思うこともあるのでしょう。

 

 

ということで、タロット占い師の役目とは、

 

”占って出たカードを読み解き言語化して相手に伝える事”となります。

 

タロット占い師全員が何か特殊な能力を持っていて目の前の人間の心が読める、目の前の人間のすべてが分かるとかではなく、中にはそういう特殊能力を占いに役立てる人もいるかもしれませんが、全員が全員そうではありません。

 

結局占い師の選び方は、日常の人間関係の構築と大差ないなんですね。

 

 

となると、、、、、

 

”占い師との相性” 

 

が利用者の方の問題解決、悩み解決にとって一番大事な事になるのかもしれませんね。

 

 

占いの結果には大まかな答え、大まかな共通認識はありますが、カードから受け取るインスピレーションは占い師によって様々なので、遠回り、時間とお金の無駄遣いになるリスクはありますが、最初の方は占い師ジプシーした方が結果の偏りを防げるのかもしれません。

 

最初に自分と相性の良い占い師に出会えることが出来ればラッキーですね!

 

「誰に占ってもらうか」というのもこれもまた一つの縁であることも多いので、縁があればちゃんと自分に合った占い師の方に出会えるとも思います。

 

また、自分が少しでも占いの知識を持っていると、

 

 

”なんだか言ってることが怪しい”

 

”これは本当にそうなのだろうか?”

 

など、自己防衛も出来るようになるんです。

 

 

自分に予備知識があれば、おかしい事におかしいと気づけるようになり、精神的、金銭的被害を事前回避できるようにもなるんですね。

 

ですから、占い師の方に実際に占ってもらう前に、自分も少し予備知識をつけておくというのも一つです。

 

 

 

次回は占いを日常生活に取り入れるメリットについてかこうかと思います。